会社の業務を円滑に回すサポートが望める労務管理システム導入

オフィス

人事異動時の情報共有を人事労務管理システムで効率化しよう!

人事異動が発令された際、人事異動が生じる部門において社員の情報共有に大きな手間がかかります。旧部門での人事評価や教育履歴の共有などがあり、人事評価などの共有が不十分な場合、異動対象者に不利益が生じます。また、労務管理上においては緊急時の連絡先や住所があり、緊急連絡網の体制表を作成するため、わざわざ本人に確認を行う必要もあります。しかし、人事労務管理システムを導入することでこれらの手間を解消できます。
人事労務管理システムでは、異動対象者の人事評価や個人情報を含め、旧部門と異動先の部門で情報共有を効率よく行えます。また、個人情報となる社員情報を社内便を利用するなど情報漏洩のリスクも軽減できます。さらに、システムに登録された緊急時の連絡先も自動的に異動先の部門に反映されるため、連絡体制表も人事異動の日付に合わせられ、速やかに体制を整えることができます。そのほか、旧部門での教育履歴が全て残り、異動先の部門における業務教育の効率化、不必要な外部講習の受講を避けられるなど経費面での削減も容易になります。また、期中の中途半端な時期の人事異動で生じがちな人事評価もシステム上で確認することができ。ボーナス査定や昇給査定で不利益を被ることもなくなり、社員の不平不満も解消できます。